度入りの場合

視力が悪くても度ありのカラコンなら、視力を矯正しながらオシャレを楽しむことが可能です。度ありのカラコンは、ディスカウントショップでも通販でも販売していますが、やはり眼科で検査を受けるのが一番です。合わない度数のものを使っていると具合が悪くなったり、生活に支障をきたすはめになってしまいます。

まず度ありのカラコン、自分の目にあった処方のものを使うのが前提です。そして装着の際には、必ず手を洗い清潔な状態で扱うようにしましょう。カラコンを指の腹にのせ、傷や破損がないか確認してから、装着します。まずは、カラコンがきちんと表になっているのかチェックしてください。反対になっていると目のトラブルの原因になってしまいます。

レンズを利き手の人差し指の腹にのせたまま、下まぶたをひっぱり黒目の上にカラコンを優しくのせます。この時、なるべく上まぶたは引っ張らないようにしましょう。眼瞼下垂になる可能性があります。瞳にレンズをのせたら、優しく何度かまばたきをしましょう。違和感がないようなら、正しく装着出来たということになります。

度ありのカラコンは、定期的に処方を見直す必要もあります。定期的な検査で合わない度数のレンズを使い続けないように注意したいものです。また、度ありのカラコンは通常のメガネやコンタクトレンズの様に毎日長時間装着する事は避けましょう。度ありのカラコンは、残念ながら眼鏡や通常のコンタクトレンズと同じ様には使えません。外出時などにのみ限定し、その他の時間は眼鏡などで視力を矯正することをおすすめします。